yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

MAUI DAYS ⑱ WHOLE FOODS MARKET  

【大好きWHOLE FOODS MARKET】

マウイでの日々を潤してくれた最大の功労者WHOLE FOODS MARKET。

IMG_1199.jpg


WHOLE FOODS MARKET(WFM)はアメリカを中心にカナダ・イギリスを含め
200店舗以上を展開するナチュラルオーガニックスーパーマーケット。

自然食品やオーガニックフードをはじめ ベジタリアンやローカル食材・ワイン・輸入食品
ベビー用品・ヘルスケア・コスメ・ペットフードなど多岐に渡る品目を豊富に取り扱うスーパーで
比較的高級志向の食料品小売店に分類されている。

マウイのWFMはカフルイ空港近くのMAUI MALLの中にある。

IMG_1203.jpg



店内に入ってすぐ眼に飛び込んでくるオーガニックフルーツとオーガニックベジタブルの山々。





その種類・数・陳列の美しさは圧巻だ。

IMG_2118.jpg



IMG_2117.jpg



オーガニックだし物価高のハワイなので価格はそんなに安くはないけど
中には地元で穫れる食材なんかもあって それらはびっくりするくらい安い。





パイナップル100円!





すいか50円!笑





このままじゃ生鮮食品だけで終わってしまいそうな勢いなので目線を変えて…

シリアル量り売り!

IMG_1550.jpg

さすがアメリカ。
シリアルコーナーだけでコンビニひとつ分のスペースくらいある笑。



チーズコーナー。

IMG_2119.jpg

軽くデパ地下の規模を超えちゃってる。



チョコレートの山。



なにこれー喜!
チョコレート専門店並みの品揃え。



他にもオーガニックアロマ石けんの量り売りだったり
乳製品や珈琲・紅茶の半端ない品揃えぶりなど気になる売り場満載。

驚いたのはペットフードまでオーガニックだったこと。

いやはやアメリカ国民の食意識の高さには脱帽っす。



楽しい楽しいWFMで 私たちが1番テンションが上がったのがこちら。

オーガニックデリコーナー。

IMG_0907.jpg



オーガニックに留まらず
ローフードだったりベジタリアン・ヴィーガン対応だったりと食へのこだわりも素晴らしい。

IMG_0910.jpg



これぜーんぶオリーブ。

IMG_0904.jpg

好きな種類を好きなだけチョイスできるのも嬉しい。



野菜もたくさん。
生だったり焼きだったり蒸しだったり。

IMG_1285.jpg

ボックスやお皿に自由に詰め込んで 
ドレッシングはもちろんナッツやドライフルーツ・チーズなんかもかけ放題。



“ジャパニーズスシ”もここハワイでは人気のようでこんなにたくさんの種類が。

IMG_0900.jpg



甘いものもやはり身体のことを考えて。
ロースイーツの充実ぶりにため息。

IMG_2120.jpg


他にもあったかいスープや焼きたてピザ・パスタ・自家製パンにマフィン・玄米・雑穀米など
魅力的な食材に満ちたデリコーナー。

内容もその日その日で変わるから毎日通っても飽きないし
実際毎日のように通った笑。



日々のデリ盛り。

IMG_1390.jpg




IMG_1286.jpg




IMG_1929.jpg


こんだけ好きに盛って700円〜900円くらい。

デパ地下の総菜コーナーを考えるとあり得ない安さだ。



日本に戻ってきてつくづく感じるのだけど
このデリが日本で食べられないのが残念で残念で仕方ない。

やっぱり難点はオーガニック食材を確保することかな。
たとえ確保できたとしてもデパ地下総菜を遥かに超える価格高になるだろう。

アメリカなら可能な大量生産が今の日本の土壌では難しいってわかってるけど…
いつか日本にもできてほしいWHOLE FOODS MARKET。

IMG_1284.jpg



以上でマウイ旅日記は終了です。

ブログおもしろいです
とか
続き楽しみにしてます
とか
ブログ見てマウイに行きたくなりました
とか

そういった感想をいただくだけで俄然筆が進む単純な私です。

マウイへの想いはまだ熱く胸の中に燻り
またいつか…の想いを励みに日常を大切に進んでいきたいと思う今日この頃。

近々来福されるナンシー先生と恵子さんとの再会が楽しみでなりません。

旅日記を最後まで読んでくれたみなさん
長い間おつきあいくださりありがとうございました。


MAUI DAYS 終わり。


スポンサーサイト

category: MAUI 2013

MAUI DAYS ⑰ my fevorite PAIA  

【お気に入りの街PAIAパイア】

マウイ島北部に位置するさとうきび畑に囲まれた街パイア。
私がマウイ滞在中1番多く足を運んだお気に入りの場所だ。

かつてさとうきび産業の中心として栄えプランテーションで働く多くの日系人が移り住んだこの街…
「騒々しい(パイア)」と呼ばれたことがその名前に由来する。

その後プランテーションがカフルイに移ってしまうと街は次第に活気を失い過疎化してしまう。

ヒッピー文化が台頭した1960年以降サーファーやヒッピーたちがパイアに移り住み
小さなショップをオープンするなどして再び街が活気を取り戻す。
現在は観光地とは違う地元に根差したこだわりショップが軒を連ねる街へと変貌した。

サーファーでもヒッピーでもない私がこの街を好きになったのは
日系の雑貨屋・ビーチウェアショップ・フランス直輸入のブティック
アンティークショップやアジアンテイストな店・オシャレで美味しいレストランなど
当時の面影を残しつつも新しい波を受け入れた新旧共存の魅力的な街だからだと思う。

何気なく街をブラブラするだけで楽しい。



パイアの街の中心に位置する三叉路。

IMG_1721.jpg

この道を10分ほど車で直進すると空港にたどりつく。



その三叉路の突き当たりに位置するONO GELATO。





福岡で言うVITOみたいなジェラート屋さん。



バナナやマンゴー・パイナップルなどハワイらしい果物がたくさんラインナップ。



人気店だけあっていつも店の外に行列ができてるんだけど
この日はたまたま少なくてこんな感じ。






マウイではタトゥーのお店をたくさん見かけたけど ここパイアでは特に多く見かけた気がする。
さすがヒッピーの街。

IMG_1720.jpg



海岸沿い 通りの端にはpaia yoga。

IMG_1719.jpg

マッサージを受けるとヨガクラスを無料で受けられると誘われたが
マッサージ料が高すぎてあっさり却下…笑。



サーフボードの壁。
さすがサーファーの街。

IMG_1716.jpg



人気のピザ屋さん。

IMG_1711.jpg

今回は残念ながら行けなかった。
次回用にメモ。



こちらも人気のカフェ。
昼夜問わず常にたくさんの人で溢れていた。

IMG_1725.jpg


この店でいただいたブリーチーズとアボカド・青リンゴのクレープの美味しさと言ったら。
絶妙な味のコンビネーションにブラックペッパーがぴりりとアクセント。
また食べたいな。



看板のひとつひとつがいちいちかわいくて足を止めて眺めてしまう。

IMG_1708.jpg



こちらはインドやタイ・バリ島・ネパールなどから取り寄せたエキゾチックなアパレルや
ジュエリー・彫刻・デザインアート・ギフトなどを取り扱うお店。

IMG_0988.jpg

現地価格よりもずいぶんお高いんだけどそのかわいさについつい手を出してしまう。



そして…

このお店には何度通ったことだろう。

通いすぎて店員さんたちからすっかり顔を覚えられてしまい 
ハローまた来てくれたのね♪ なんて歓迎を受けるまでに笑。

IMG_1012.jpg


2年前かな…
恵子さんに初めて会ったとき恵子さんが着てるTシャツがすごくかわいくて
どこの?と尋ねたらパイアの街にあるお店のものだと聞いて とってもとっても気になっていた。

マウイに行ったら1番に行くお店だと固く心に決めていただけに
初日のハイテンションぶりは凄まじかった。


出たり入ったり出たり入ったり笑。

IMG_0999.jpg

洋服もかわいければ店員さんもかわいくてすっかりこの店の虜に。



そしてそして…

こちらはほんとにほんとにお世話になったお店。

IMG_1234.jpg


マウイで採れたオーガニックの野菜やフルーツ・食品だけでなく
マウイ産の天然素材を使ったナチュラルコスメやマウイ産の癒しグッズなどの品揃えも充実している
パイアに住む人たちにとってなくてはならない自然食品雑貨の店「マナ・フーズ」。

オーガニックデリもWHOLE FOODSほどの規模ではないけど日常に困らない程度に常備しているので
普段づかいにはとても適していた。

大きすぎない規模が買いものしやすくていい。


もじゃもじゃ頭のお兄ちゃんはスーパー早口で話しかけてくる陽気な店員さん。

IMG_1174.jpg

聞き取りづらい時は笑ってごまかしてたら一緒に笑ってくれた。
いいやつだ。

マナの店員さんはみな個性的だけどとてもいい人たちばかりで
こちらの要望に快く対応してくれた。



パイアの海岸。ノースショア。

IMG_1240.jpg


人が少なくて 荒らされてない感がとてもいい。
砂浜もとても綺麗だ。



マウイで見る太陽はそれはそれは大きい。

IMG_1253.jpg


その日一日に感謝する心が自然と湧いてくる。



マウイに行ったらパイアは外せない。
通えば通うほどこの街の魅力にハマること間違いなし。

マウイ旅でまだ心残りがいくつかあるとしたらこの街でやり残したことだろうな。

パイア大好きです。


category: MAUI 2013

MAUI DAYS ⑯ HOUSE in MAUI  

マウイの旅日記は終わったけど
思い出として書き記しておきたいことがまだいくつか残っていて。

ここからは番外編として書き綴っていくので お暇な方はおつきあいくださいね。


【マウイの家】

10日間お世話になった恵子さんのお友達ひろみさんの家に隣接するコテージは
ほんとに居心地がよくて マウイ滞在が快適だった大きな要因のひとつだ。

IMG_1614.jpg



中に入るとこんな感じ。

IMG_1616.jpg

キッチン・ダイニング・リビング・ベッド・バス・トイレがすべてひとつに収まったワンルームなんだけど
ひとつひとつのスペースが広く天井も高くて圧迫感が全くない。

特にキッチンなんて4つのコンロにオーブン・トースター・電子レンジ・冷蔵庫…と
素晴らしい充実ぶり。
うちのキッチンよりはるかに使いやすい笑。

調理器具や食器・雑貨類も揃ってるから自炊だって気軽に楽しめる。



ベッドはダブルサイズ。
余裕で2人寝できちゃうところを贅沢にも1人で大の字になって寝ていた。

IMG_1617.jpg



PC作業はダイニングテーブルで。

IMG_1623.jpg

昼間は開け放した玄関から差し込む光が心地よく
夜はソファの先にあるTVをつけてバラエティ番組や音楽番組なんかを楽しんだ。


立派な石造りのシャワールーム。

IMG_1619.jpg

熱いお湯も出るし水圧もしっかりとしていたので言うことなし。

シャワー室と洗面所・トイレはひとつの空間にまとめられているのだけど 
そのひとつひとつが充分な広さで 
ビジネスホテルの狭々としたものとは比べものにならないグレードの高さ。

これら全てひろみさんのご主人の手造りだと言うから驚き。


ただ手造りなだけにどうしてもきちんと閉まらない隙間があって
夜になるとそこから光を求めて虫が侵入してきた。

たいてい小さな蛾がライトの周りをぶんぶん飛び回る程度で
蚊とゴキブリ以外の虫にたいしては寛大な性格が幸いして特に気にならなかったが
ガラス窓一面に這いずり回るカベチョロがたまに中に入ってきたりして
そんなときは相手がどんな出方をするのかしばらく様子を見てたりするんだけど
結局相手も中に入ってきて「しまった汗」的な微妙な動きをするもんだから
こちらも知らんふりしてあげたりして まあそんな感じで虫たちともうまくつきあってみた。

たまに出かけるキャンプ生活がこういうとき役立つ。
私たち人間が自然界にお邪魔してる…そんな感覚が大切なんだ。



洗濯は外に設置されたランドリールームでお家の人と同じ洗濯機を共有していたが
ランドリールームに向かう途中にはいつもこの家の飼い犬が寝そべっていて
近づくと「遊んでよ」としっぽをぶんぶん振ってアピールしてきた。

IMG_1414.jpg



プア。
ハワイ語で「お花」の意味。

IMG_1561.jpg

この上目遣いがチャームポイントの愛くるしいプア。

プアと戯れる時間もまたこの家で過ごしたいい思い出のひとつ。



ひろみさんちの庭。

IMG_1613.jpg

広い芝生の中央には大きな木。
サイドにはトランポリン。

ちょっとした公園のようだ。

休みの日には子どもたちがこの広い庭を走り回ってた。
茂みもあちらこちらにあるし鬼ごっこにはうってつけの場所。

お隣との間に塀なんか作らなくてもそのお隣さんは見えないくらい遠くだし
家の周りにはどこも普通にバナナの木が生えてるからわざわざ買わなくてもバナナを食べれる。

大自然に囲まれたマウイだからこその贅沢な土地の使い方がうらやましい。




マウイは人間らしく生きるのに最高の場所だと思う。

またいつかのマウイ再訪の折にはこちらのコテージにお世話になりたいです…
と丁重に挨拶をしてひろみさん家族にさよならをした。

“またいつか”が楽しみだ。


category: MAUI 2013

MAUI DAYS ⑮ 帰国の途へ  

【8月31日〜9月1日】

8月31日朝5時出立。

お家の人には前日に挨拶を済ませておいた。
鍵はテーブルの上へ。

10日間お世話になった居心地のいい空間にお礼を言ってドアを閉める。

まだ暗く見通しの悪い未明の道。
安全運転でゆっくりと空港への道のり車を走らせる。

途中ガソリンスタンドへ立ち寄り満タンに。

レンタカー返却は満タンが原則で返却間際にガソリンを入れなくてはならなかった。

こんな早朝から果たしてスタンドが開いてるのだろうか…と半信半疑ながらPAIAの街に近づくと
こんな早朝からちゃんとスタンドは営業していた。

“こんな早朝”もなにも24時間営業…まるでコンビニのようだ。

それもそのはず ここはマウイ。
車がなければ始まらない土地でガソリンの供給は大きな位置を占めているのだと納得。

ガソリンを満タンにしてレンタカー返却へ。
レンタカー返却後はレンタカー会社の車で空港まで送迎してもらえる。

至れり尽くせりありがとう。

空港につき おみやげやらなんやらでパンパンに膨らんだ荷物を計ったら21kg。
ふう。なんとかセーフ。

ハワイアン航空は23kgまでOK しかも1人で荷物2つまで預けられるという
荷物に関してとっても寛容な航空会社だ。

インド旅行のときは20kgまでの荷物1つしか認めない荷物に厳しいキャセイ航空で
案の定帰りは重量オーバーしてその分の金額を払わされるという苦い経験があったので
今回も荷物の重さにはびくびくしていたところだった。

機械で自動チェックインを済ませ
入国とは違いこんなんでいいの?とあっさり過ぎる出国手続きを終え 搭乗ゲートへと向かう。

フライトまでの待ち時間 しばしマウイの朝焼けに目を細める。





7時35分。
定刻通り出発。

マウイを飛び発つその時は 切ない気持ちとはうらはらであっけないほど一瞬で
マウイがどんどん遠ざかりぐんぐん小さくなっていく。

いい波。
今日もマウイは風が強いようだ。






ハレアカラ火山には今日も雲がかかってる。





何もかもいつもどおり
晴れやかで穏やかなマウイ。



大好きなマウイ。
またいつか会いにきます。


…40分ほどでホノルル空港に降り立った瞬間
いきなり日本語がざわざわと耳に飛び込んできた。

見渡すと日本人ばかり。
あちらこちらで飛び交う日本語。

ざわざわざわざわ…慌ただしい現実にいやおうなしに引き戻されていく。

マウイがいかに日本人が少なかったか
そしていかに観光客が少なかったかを実感。

マウイの日々がいつもゆったりと快適だったのは
このざわざわに心乱されることがなかったからかもしれない。


朝ごはんを食べたりDFSを回ったりしても待ち時間の5時間はなかなか潰れず
結局残り1時間は椅子に座ってのんびりと過ごした。


お昼過ぎ ようやく福岡行きの飛行機に乗り込みハワイを後にする。

行きの飛行機の激寒ぶりを用心して
帰りの便にはたくさんの防寒具を準備して乗り込んだ。

離陸して間もなく「プラチナデータ」の上映が始まる。

これ映画館で観たけどなーなんて思いつつも
その間飲みものや食事のサービスがあったもんだから寝る訳にもいかず
結局最後まで“ながら鑑賞”。

つづいての映画は山田洋次監督の「東京家族」。
こちらは未観だったので食い入るように観る。

途中何度涙したことか。

久しぶりに2つ続けて映画を観たもんだから眼の疲労が半端なく
じゃなくても早朝の出発で疲れが溜まっていたせいもあり
観賞後は堕ちるように眠りの世界へ。

がたがたっという揺れとともに目を覚ますとすでに福岡に着陸…
せっかくの窓際だったのに空からの福岡を身損ねてしまった涙。

飛行機が福岡に降り立った瞬間窓ガラスが真っ白に曇る。
凄まじい日本の湿度を想像して身震い。

飛行機から一歩外へ踏み出すと この夏猛威を振るった酷暑はすっかり影を潜めていたが
忌々しくもどこか懐かしいべたべたとした湿気に身体全体が覆われ
ああ 日本に戻ってきたんだな と体感するそのとき。

この夏のご褒美 マウイ旅の終わり。

日付は変わって9月1日午後6時。

ただいま福岡。


category: MAUI 2013

MAUI DAYS ⑭ LAST DAY  

【8月30日】

マウイ最終日。

今朝は恵子さんのマイソールクラスへ行く予定で
10時に家を出ればいいはずなのにいつもの6時半にはすっかり目が覚めていた。

 *恵子さんのクラスはマイソールクラスもレッドクラスも10時半から始まる。
  ナンシー先生のクラスがすべて8時から始まるので時間が重ならないように配慮してるのかな。
  いずれにせよどちらも日本に比べてずいぶん遅いスタート。
  ハワイ時間はゆったりのんびりだ。

早朝から夜までフル活動した前日の疲れはさほど身体にのしかかっていない。

今日がマウイ最後の1日だという想いが身体を奮い立たせてるのか
身体というより頭で目覚めたという感じ。

外では相変わらず声の大きな鳥の鳴き声が。

結局最後まで正体を突き止められそうもない。
もしいつも玄関先で出会う小さい茶色い鳥だったら おまえだったのね…と微笑んであげるんだけど。

時間とともに朝のヒンヤリとした空気が温められ次第に身体も温まっていく。

家の周りを散策したりなんとなく荷物をまとめてみたり…
とりとめのない時間が無意味に過ぎ去り 気がつくと出発の10時になっていた。


恵子さんの家へ向かう道のり。
もうすっかり頭の中に出来上がった地図のおかげで 次訪れた時は迷うことなく行ける自信あり。




特別な想いに包まれたマウイでの最後の練習…
いつしか呼吸音とリズムの渦に入り込みいつもの集中が深まる。

マウイでは常に身体が軽かった。
練習後の疲労もさほどなく日々いい状態が続いた。
恵子さんやナンシー先生の温かな眼差しと励ましの声が心を癒し身体を強くしてくれた。

なによりも…
純粋にただひたすら練習を楽しむことができたことが嬉しかった。

どれだけ感謝してもしきれないくらいたくさんの恩恵をいただいたマウイデイズ。

今年マウイを訪れるという決断は突然やってきて
そしてその直感に従ってほんとによかった…と今しみじみと感じている。


恵子さんの家を去るとき ほんの少しの寂しさにちょっぴり心が切なくなったけど
またここに来る日がそう遠くない予感のほうが大きくて ビッグハグとスマイルで一時のお別れ。




恵子さんありがとう。
必ずまた来ます。



最後の最後はWhole Foods Market。

思い残すことのないようデリごはんをたっぷりいただき
お気に入りのお菓子や食材を買い込み 大好きなスーパーマーケットを後にする。




家に戻り洗濯する間ひと休み…の予定だったが
ベッドの上に大の字になり目を閉じてみても 
頭の中はさまざまな想いが駆け巡りなかなか気が休まらない。

ひと休みしたら街へ出かけよう…と友だちから誘いを受けていたけど
その日の午後はそんな気分にもなれず ごめんねとお断り。

最終日は1人ゆっくりとマウイの日々に思い燻らせていたかった。

荷物の整理をしたり 掃除をしたり 家計簿をつけたり
虫の声とともに暮れ行くマウイの空を眺めたり。

再びヒンヤリとした空気が連れてきたのは暗闇と静寂の時間だった。

翌朝の出発は早い。

寝過ごさないようこの日は早めに就寝。
いつでもどこでもすぐに眠れる自分がありがたい。


category: MAUI 2013

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。