yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




抜け感  

京都の抜け感が好きだ。

これまで京都を何度も訪れてるけど、京都御所の中を散策するのは今回がはじめて。

IMG_6272.jpg



このダイナミックな抜け感には驚いた。

日本の国がいかに神がかっているか、京都御所の神聖な空気が教えてくれる。





京都と言えば鴨川。

今回はチャリで鴨川沿いをサイクリング。
その気持ちよさを言葉で言い表すには難しい。

IMG_6277.jpg


川が好き。
どこまでも果てしなく続いていく抜け感が好き。

これまでも京都に行くたびリフレッシュしたりエネルギーチャージしたり、私にとって京都は欠かせない場所になっている。そして今回は今までになくさまざまな歓迎を受け、心身共にくつろいだ時間を過ごすことができた。

ゲストハウスのオーナーのやさしさ。
ゲストハウスの目の前にレンタサイクルの店を発見。
レンタサイクルのおやじの親切かつ長々としたおしゃべり。
神泉苑での鴨と白鳥。ボランティアの方のお話。
ミラクルな再会。
店店を訪れるタイミングのよさ。
その日限り。その日限定。
…。

ありがたいことばかり。
楽しいことばかり。

満ち溢れた日々に感謝です。

日常に戻り、また頑張ろう。

category: trip

tanakamiho shokubututen & creatures  

oshowさんからススメてもらった田中美穂植物店にミニチャリで乗りつけたら、そこにoshowさんとドッキーがいたというミラクル。

IMG_6179.jpg


今回の京都では強烈なミラクルがいくつもあった。

そういうときは「京都に歓迎されてる」とありがたくポジティブに解釈する。
京都に喜ばれてるなあ笑。

田中美穂さんは花屋というよりアーティスト。
そしてクリエイター。

地元の人に頼まれた花束を作っているところをたまたま目にしたのだけど、
彼女の花束は普通じゃない。

ひとつの高度な作品として存在していた。

showさんが押すだけある。

植物店





運よく12月は、oshow&ドッキーのコラボ作品creaturesの展示が京都寺町通のD MALLにて開催されたばかりで、そこにも足を運ぶことができた。

IMG_6278.jpg



クスっと笑えるやつらばかり。

ピンクのラビーが気になって仕方ないぞ。

creatures.jpg

category: trip

WIFE&HUSBAND  

WIFE&HUSBAND
wife$husband.jpg


HUSUBAND&WIFEじゃないところに、店主の優しさを感じる。



お目当てのハニーチーズトースト。
ブルーチーズ使いがチーズ好きの鼻をくすぐる。

IMG_6274.jpg



深煎りの珈琲と絶妙なコンビネーション。

ちなみにオリジナルブレンドの名前はdaughter。
素敵。

IMG_6308.jpg



店内はいちいち目を引くアンティーク類が点在。

贅沢な空間です。

IMG_6262.jpg


オーナー夫妻の人柄も去ることながら、メニューにあるPICNICプランがまた魅力的。

次はここで珈琲を調達して鴨川沿いでピクニックしよう。


そして、ミラクルな再会がここでも。




category: trip

100円トースト  

京都の知人が勧めてくれた珈琲店にいったら
プレオープン期間中ですべてのトーストメニューを100円で提供してるっていうもんだから
その後も食べる予定満々で朝イチのスタートを切ったばかりだったけど
やっぱり食べずにいられなくって、フライドエッグトーストを注文。

IMG_6204.jpg


フォトジェニックすぎる!

しかも自家製トーストと目玉焼きの美味しさといったら!

100円につられ、たまちゃんと
フレンチトーストもいっちゃう?
なんて相当迷ったけど
その後の予定と胃袋の状態を考えここでぐっと我慢。

それにしても美味しかったなあ。

この100円トースト
後で知ったんだけど、なんとこの日で終了だったらしい。

今回の京都1day&half tripはミラクルだらけでした。


WANDERERS STAND
IMG_6271.jpg


category: trip

青おにぎり  

おにぎり


個性的な店構えのおにぎり屋さん。

強面の店主青松さんが握ってくれるおにぎりは、あったかくて優しい味。

釜炊きのほかほかごはん、絶妙な塩加減、ぱりぱりの香ばしい海苔。

愛想がなくても、口が悪くても、このおにぎりを食べるとどれだけこだわりと愛情を持ってをおにぎりを握っているのかがよくわかる。

IMG_6194.jpg


普段は店の外に行列ができるほど大混雑する人気店。

この日はたまたま小腹が空いた3時頃行ったので、タイミングよく店には誰もいなくてゆっくり話しができた。

お昼の混雑時に行くと、店主めちゃめちゃ不機嫌だからお昼は来たらダメだって笑。

また時間を外して行こう。

category: trip