yumi presents.

yoga & days…

~ Information~




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

newborn baby  

【美香ちゃんの出産レポート】

美香ちゃんの妊娠発覚にはかなりの衝撃を受けたけど
ゆみさんとみとまちゃん 立ち会いお願いします…
と 親でも恋人でもない私たちがなぜか出産立ち会いを依頼されたときは
ちょっとやそっとの驚きでは済まされないほどの衝撃だった。

彼女の突飛なアイデアや発言にはいつも驚かされてたけど
今回はイベント的なノリで楽しんじゃえ!と思考転換
その日が来るのをわくわくしながら待ちわびてた…んだけど。

予定日は12月2日やけど
占いでは11月26日に産まれるって言われたから
きっとその日に出てくるはず。

と 彼女は半分暗示をかけられたみたいに26日出産説を信じ込み
私たちもなんだかその気になっちゃって
当日車まで準備してスタンバイOK。

陣痛まだー?
なんてのん気にお茶しながら陣痛待つこと3時間。

夕方遅くになってもその気配は全くなくて
(そんなに簡単に陣痛はやってこない)
…その日はそのまま解散。

ただのお茶会に終わりました涙。

IMG_7324.jpg


で その2日後。

陣痛始まったんで今から病院行きます!

と勢いのあるメールをもらったのがマイソールクラス指導中。

午前中はクラス2つ 午後も予定が入ってるし
すぐに駆けつけるのは無理って笑。

でもねー
親代わりな気分でしょ。
その日はそわそわ…何やってても落ち着かなくて。

そんな中美香ちゃんからは逐一陣痛レポートが入ってくる。

陣痛が始まったものの産院に着くと
まだだから散歩してきなさい
と 寒空の中外に出され
海辺で1人ストレッチ…せつなー涙。

とか

お昼ごはんでも食べてきなさい
って言われたから ランチしてきます。

とか。

陣痛来てる妊婦が真冬の海岸でストレッチとか
外にランチしにいくなんて聞いたことないわ笑。

もう ある意味コントです。


夕方ようやく車に乗り込み
みとまちゃんとピクニック気分でコーヒやらお菓子やらつまみながら
美香ちゃんが待機する小倉へと向かう。

2時間かけて着いたときには日もとっぷりと暮れ
もうすでに産まれる寸前になってるはずだと勝手に期待してたのに
美香ちゃんの陣痛模様は昼間と変わらず7分間隔のまま。

あれ?ちょっと肩透かしだわ。

結局みんなで夜ごはんを食べる羽目に笑。

少しして陣痛が5〜6分間隔になったので
再び車に乗り込み 芦屋のバースセンターへ。

1時間くらいかかったかなー。

何せ遠い。
暗い。
寒い。

なぜこんな辺鄙な場所を選んだ?

素敵な場所なんです。
海沿いで景色もいいし
とってもアットホームな産院で
産むならここって決めちゃいました。

って こだわりだけはいつも一流。

でもね この日は夜。
海とか見えんし。
街灯もなくあたり真っ暗やし。

車内でぶつぶつ文句を言いながらも陣痛は定期的にやってきていて
頼む!今夜中に産んでくれ!
とひたすら願うばかり。

でも産院での検診ではまだまだ…の判定。

再び帰れと言われても…
また同じ距離だけ車を飛ばさなきゃ行けないなんて拷問です。
疲労困憊っすよ 私…涙。

すでに3時間くらい車運転しっぱなし。

今夜はないね 
って産院の先生に言われたので
翌日仕事もあることだし
心残りではあったけど
美香ちゃんをみとまちゃんに託し1人帰路へ。

その夜に限って雨が激しく
路面がライトで黒光りするもんだから怖くて怖くて
ゆっくり運転で帰ったら結局また2時間くらいかかった。

計5時間のドライブ。

ぐったり。


翌朝朗報を待つも何の知らせもなく
徹夜でへろへろのみとまちゃんも一旦帰宅した模様。

そして その日の夜…

無事出産したって
彼女のお父さんからの報告を受ける。

結局妹さん以外誰も立ち会えなかったようで
美香ちゃん1人で産みましたとさ笑。

彼女らしいオチだこと。


後から聞いた話
結構難産で 最後は酸素マスクとか投入されて大変だったんだとか。

よく頑張ったねー。

無事に出てきてくれて何より。

Welcome to the New World!

IMG_7424.jpg


報告が少し遅れたのは
いろいろあって名前がなかなか決まらなかったから。


命名「敬太」…(どこかで聞いたような名前だ笑)

IMG_7423.jpg


これからもたくさんの人を巻き込んで
自由奔放お気楽極楽な育児を展開するんだろうなー。

私も一緒に楽しませてもらおう。

おめでとう美香ちゃん。
おめでとうケイタ。


スポンサーサイト

category: friends

HANDMADE ACCESSORY “drops”  

私の周りにはさまざまな分野で活躍する才能豊かな友だちがいて 
彼ら彼女らにはいつもたくさんの刺激をもらってる。

今回はその中の1人 センス溢れるアクセサリーを作る友だちのサイトをご紹介。

drops


手作りアクセサリーの自宅shop&web shopを営むkeiちゃんとは
遡ること○十年前(笑)私たちが大学生のときに知り合った。

学校も違えば学年も違うしバイトだって違ってた…
友だちになったきっかけは共通の友人を通じてだったが 
なぜかとても波長が合い 結婚の時期や出産の時期までもが見事に合致・笑。

2人の子どもたちの年まで同じなのだからほんとびっくり。

彼女は旦那さんの転勤で引越しを繰り返し そのまま疎遠になるかと思いきや
子どもが同じバスケットボールをしているという所以で とある試合会場にて偶然の再会。

ここまで何もかもがタイミングよく重なると
私たちはお互いがお互いにとってとても大切な存在なんだな…としみじみ感じてしまう。

今は近くに住む彼女と 時々お茶をして近況報告をし合う仲。


彼女のセンスは学生のころから群を抜いていた。

ファッション・インテリア・音楽や絵画などの趣味…
どれをとっても 当時私の周りに彼女ほどセンス溢れる人はいなかったと思う。

彼女のセンスの良さは彼女のお母さんゆずりだということで
彼女のお母さんもまた抜群のセンスの持ち主。

センスって身につけようとしてもなかなか身につかないからね。
親から受け継ぐことができるって相当うらやましい。

そんな彼女が作るアクセサリーたちは
間違いなく魅力的な面々で どれをとってもセンスの光が輝いてる。


ブレスレット


色の組み合わせとモチーフがたまらない。


ピアス


何このかわいさ…。


ネックレス


シンプルなんだけど洒落てる。


ブレスレット


何も言えねぇ…溜息。



私は彼女の世界観が大好きです。

彼女は趣味でアクセサリーを作ってるのでだいたい1点物が多く
価格もかわいいのでweb shopにでたらすぐ売れてしまうらしい。

不定期だけど自宅shopも開いてるので お近くの人はぜひ足を運んでみてくださいな。

HANDMADE ACCESSORY drops のwebサイトはこちらから→★(click)


category: friends

Happy Birthday to J  

サプライズ企画第2弾。

”J's BIRTHDAY PARTY”

前回嬉しすぎるサプライズ">サプライズに驚喜した私も 今回は参謀組に参加。

しかもキーパーソンときた。

事前に「2人で飲みに行こ」と誘いの粉を振りかけておき
祝福のときを今か今かと待ち構える8人の友の待つ店へJを連れこむ…
という重要な役目。

気づかれないよう言葉巧みに誘導実行。

これっぽっちも疑いの気持ちを持たないJは
飲み放題という釣られ文句に 朝の練習時から心ここにあらず
早く飲みたい一心で店内へと駆け込む

満を持して待っていた8人から「おめでとう」の祝福ラッシュを受け
期待以上に驚き歓喜に酔いしれるJの姿に みんなのテンションも上がる

酔い回りの早いJのために
まずは最初にバースデイケーキの祝福。

芸能人並のフラッシュを浴びながら
ロウソクを吹き消すJのご満悦な顔↓




KIKKO企画社でおなじみのBARTOROさんも
今回のサプライズに一役も二役も買ってくれて
特別にメニュー表まで用意してくれた。
 



オーナーさんからの差し入れシャンパンは
興奮状態のため撮影忘れ

すみません…感謝の気持ちとともに美味しくいただきました


初鰹のカルパッチョ サラダ仕立て


新鮮な魚と野菜が美味しい。

特にトマトが甘~い


ビーツのスープ


ドロッとしたペースト状のスープがパンによく合う。


自家製ベーコン&自家製ソーセージ レンズ豆添え
季節野菜の炭火焼


ボリュームたっぷり~


イカスミのパエリヤ


みんなお歯黒状態…


手作りケーキ


ふわふわのスポンジにいちごの生クリーム~


…大満足の料理と共に楽しいひとときを過ごす。


誰よりも早く酔いの国へと旅立ち
誰よりもテンション高く 誰よりも盛り上がったJ。

そんなJのことが みんな大好きだよ。

お誕生日おめでとう。

今年1年がJにとって輝ける年になりますように…
みんなで応援してるからね

category: friends

BLUE MOON に導かれて…  

一週間ほど前 私の手元に一通の招待状が届いた。

KIKKOちゃん企画の新年会の通知。

いつも練習を共にしているヨガ仲間との交流会を
日頃 練習後の朝食&談笑の場としてお世話になっている
ロッサロッサの姉妹店”BARTORO”にて開催するというもの。

100130_135917.jpg


裏面には”BLUE MOON”と なにやら意味深な文字が…。

100130_135937.jpg


”BLUE MOON”とはひと月に2回満月が訪れること。
1度目をFIRST MOON 2度目をBLUE MOON という。

めったに起こらない珍しいこと・ごくまれな…という意味で
「once in a blue moon」という慣用句として使われるらしい。

(↑英文科なのに知らんかった… 詳しくはKIKKOブログ参照→

普段の朝練では みなそれぞれの生活時間で動いているので
顔を合わせることのない人もいれば すれ違う程度だったり…と
お互いゆっくり語り合う時間はほとんどない。

だけど 同じ空間で練習するだけで 
すれ違いざま挨拶を交わすだけで
心が温かくなったり 幸せな気分になったり。

いつしか私たちの間には 常に同じ方向に向かって楽しみ努力する…という
目には見えない安心感や信頼感・連帯感のようなものが生まれ
会話を交わさずとも”繋がっている”喜びが存在するようになった。

そんな大切な仲間たちが一同に会する”めったにない日”は
まさに BLUE MOON に導かれたかのよう。

美味しい料理とお酒に囲まれながら 
楽しい集いは進行していく。

若干1名 私の隣に座ったお方が
心地よい気分で天国へと暴走するのを食い止めるのに
多少労力を使いましたが…

それも場を盛り上げるのに一役も二役も買ってくれ
身体を張った彼女のパフォーマンス?に心から拍手を送りたい

会も盛り上がったところで
これまたKIKKOちゃん企画のお楽しみイベントの始まり。

招待状に書かれていたそれは
「my choice book」の交換会。

自分の選んだ本が誰に渡るかわからない面白さ。

だけど 本を選ぶときにこれほど苦労したことはないよ。
目に見えない相手に対して選ばなきゃいけないんだからね。

みんなもきっと同じ思いで苦労したんじゃないかな?

結局自分の好きな思い出の本を 私は選んだ。
それはsayuriさんの元へ…。

分厚い本だけど決し読みづらい文体ではないはず。
最後まで読んでもらえるといいな。

そして私の元へやってきた本。

イリュージョン
100130_140241.jpg


Y姉さんから回ってきた。

以前手にしたことのあったこの本は 今や絶版となった貴重なもの。

私の心に大きなインパクトを与えたその本は
だからこそ このタイミングで再び私の元へとやってきたのだと思う。

再び読み返すことで 新たな気づきを得ることだろう。

Y姉さんありがとう。

それぞれが手にした本たちは
意味があってその人の元へと届けられたはず。

その事実をしっかりと受け止めて
本の紡ぎだす世界を楽しんでいきたいものだ。

さらに…

本と共に それぞれへ宛てられたカードが…。

100130_140054.jpg


中を開いてみると 
その人の生年月日の日の月の名前・月齢などが書かれ
その下には月カレンダーまで貼り付けられていた。

100130_140130.jpg

 
この企画力と驚くべき几帳面さに脱帽

凄すぎます KIKKOちゃん。


めったにないほどの楽しい会合は 
めったにないほどの盛り上がりを見せて無事閉幕。

若干1名 ろれつの回らないくらい楽しさを満喫したお方を
なんとか電車に乗せようと必死に立ち回ったY姉さん おつかれさま。

そんなグダグダなラストを迎えながらも
次の会合の企画を進行中 と息巻くKIKKOちゃんに 
みな大きな期待を寄せる。


今年はめずらしく もう一度 BLUE MOON MONTH がやってくるらしい。

時は3月。
気になる方はカレンダーでご確認を。

BLUE MOON に導かれて めったにない一日を過ごしてみてはいかが?

category: friends

妄想とアンチエイジング  

幼なじみnanaの家を訪問。

訪問の目的は韓国ドラマのDVDを借りるためだ。

誤解のないよう断っておくが 私は決して韓流ブームにはまったわけではない。

先日観た映画「キッチン」">「キッチン」に出演していた男の子が
まさに「私の好みど真ん中くん」で 久々に心ときめく相手にめぐり合ってしまった
(ちょっと前までは大沢たかおが私の1位だったんだけど…アップロードファイル

そのことを知ったnanaが 
親切にも彼が昔出ていたドラマのDVDを貸してくれると申し出てくれたのだ。

そう nanaは根っからの韓流好き。

それだけでは飽き足らず 台湾スターにまで夢中になり 
ファンの集いのため東京まで出かけていく凄まじさである。

家中に好きな芸能人のポスターや写真などが所狭しと飾ってあるよ汗
(ちなみに旦那さん&子ども2人います

昔からジャニーズ好き・イケメン好きな彼女は
他を気にすることも恥ずかしがることもなく
好きになった相手に一直線 素直に熱狂できるううらやましい性格の持ち主だ。

そんな彼女からこんなこと言われた。

「yumiちゃん もっと恋愛ドラマ見らないかんよっ

「ん? 普通に見るよ。」

「普通に見たらいかんと 妄想しながら見るとよっ

???

「私たちはさ 悲しいかな着々とおばちゃんへの階段を上っていきようとよ。
それを阻止するためには女性ホルモンをたくさん出す必要があると。
シワとかシミとか嫌やん。けどね 女性ホルモンが出ると肌に張りが出るとよ。
女性ホルモンを出すには恋愛が1番。
でもさ 私たちは旦那がおるけん恋愛できんやん。
やけん 妄想で恋愛するとよ!

す・すごい発想だ…顔文字

ま 確かに納得する部分は多々ある。

いい恋愛をしてるときって肌が艶々するし体調もよい。

恋愛してる子がきらきら輝くオーラを出してるのは女性ホルモン分泌のせいか…。

韓流ブームでマダムたちの熱狂が止まないのは
スターに恋愛しながら自分磨きをしているせいなのか…。

「私は恋愛ドラマでめっちゃ妄想するよ
自慢げに語るnana。

「それって登場人物の誰かに自分を置き換えると?」

「違う。別のキャラクターを作ると。
nanaって人物を登場させて別のドラマを展開させるとよ

妄想のスペシャリストだ…きゃぁぉ

こんなにも妄想上級者が身近にいたなんて
ろっち">ろっちごときで驚いてる場合じゃないよ。

確かに妄想は自由だし 度が過ぎなければ誰にも迷惑をかけない。 
それで自分がハッピーになれれば言うことないもんね。

果たして 私にそんな高度な妄想ができるかどうか不安だが
それもこれもアンチエイジングのためだ…迷っている暇なんてない。

早速借りたDVDを観ながら妄想にふけってみるとするか。

韓国ドラマ「宮-KUN-」">「宮-KUN-」
20091222201435

韓流好き女性だけに限らず 世の多くの女性たちを熱狂させたらしいこのドラマ。
知ってる?

category: friends

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。